株式や為替、先物など様々なマーケット参加者が集まる、投資家・トレーダー達の交流サイト。
ようこそ Guest:  ログイン- 新規登録  
BULL
オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 株・為替・先物フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...

ユーロ軟化の兆候が・=ユーロドル60分足

このトピックの投稿一覧へ

満足 ユーロ軟化の兆候が・=ユーロドル60分足

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2011-6-7 16:54
kuniko 
柾木 利彦氏 提供forexpros.jp

添付のチャートは、7日午前9時30分現時点でのユーロドル相場の60足スパンモデルです。
2つの円枠があります。右円枠内は、直近の実勢レベルの推移ですが、サポートゾーン上限ラインを下回っており、ゾーン内での推移となっていることが分かります。
つまり、サポートゾーン出現継続であり、ユーロ買いシグナルが点灯してはいるものの、ゾーン上限ラインを下回っていることで、ユーロ買い圧力は減退していることを示唆しています。
そして、左円枠内で示される遅行スパン(紫色ライン)は、ローソク足を下回って推移しており、陰転していることが分かります。つまり、基調として、ユーロ売り優勢に変化していることが見てとれます。
以上より、ユーロ軟化、反落の兆候が現れていると判断出来ます。今後の注目点は、実勢レベルが、再度、サポートゾーン上限ラインを上回ってくるかどうか、さらには、遅行スパンがローソク足を上方ブレイクするかどうかです。その場合は、元のユーロ高トレンドに戻る可能性が高まります。

www.forexpros.jp

この投稿に返信する

題名
ゲスト名   :
投稿本文

投稿ツリー

  条件検索へ


各都市の時間
東京
香港・北京
フランクフルト
ロンドン
ニューヨーク
 
トレーダー&投資家コミュニティ「Bull」© 2008 
FXテクニカル分析入門 - FX入門 - FXテクニカル検証 - 資産運・マネーの知恵袋