株式や為替、先物など様々なマーケット参加者が集まる、投資家・トレーダー達の交流サイト。
ようこそ Guest:  ログイン- 新規登録  
BULL
オンライン状況
4 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 株・為替・先物フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...

USD JPY - 重要なブレイク(1/12)

このトピックの投稿一覧へ

なし USD JPY - 重要なブレイク(1/12)

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2010-1-12 18:46
Forexpros 
USD JPY - 重要なブレイク(1/12)

http://www.forexpros.jp/upload_images/1263285896_0.png

ドル円に対してマイナスのバイアスを維持するが、その理由を知るには添付チャートを見てみると十分である。ドル円は現在時間足の上昇トレンドラインを下回って取引されており、大幅な下落になりやすい状態にある。過去の2つのレポートにおいて先週金曜日の終値の重要さを説明し、93.35を上回るか下回るかで全く違った読みになる、つまりドル高になるかドル安になると述べた。終値は明らかに93.35を下回り(金曜日の終値は92.62)、これはためらいなく安値引けとして読むことができる。今日注目しているのは現在92.40にあるブレイクされたトレンドラインであり、当分この重要なレジスタンスを下回っているかぎり、このペアに対してマイナスのバイアスをとる。サポートは91.70にある。92.40のレジスタンスをブレイクすればサプライズになり、94を超えるエリアに届くのに必要な力を得るだろう。最も重要なレジスタンスは94.05と94.62である。一方91.70のサポートを割るブレイクならば、90.76と89.79への下落を招くとみられる。

サポート:
*91.70: 時間足での100日単純移動平均線(SMA)。
*90.76: 88.91から93.75までの上げ幅全体に対するフィボナッチ61.8%戻し。
*89.79: 87.35から93.75までの上げ幅全体に対するフィボナッチ61.8%戻し。

レジスタンス:
*92.40: 時間足でのブレイクされたトレンドラインに向けて再度試みる水準。
*94.05: 8月28日の高値。
*94.62: 2008年1月6日の高値。

FXポータルのフォレックスプロス

免責事項:
先物取引や先物オプション、外国為替証拠金取引は、実質的な損失のリスクを伴うことも含め、全ての投資家の方々に適しているというわけではありません。あなたの置かれている状況や知識そして財源が取引に適しているか否かを慎重に考慮しなければなりません。初期投資の全てまたはそれ以上を失う可能性もあります。当サイト上の見解や経済指標カレンダー等の市場データ、提案等はいつでも変更できることを条件としています。 チャート

この投稿に返信する

題名
ゲスト名   :
投稿本文

投稿ツリー

  条件検索へ


各都市の時間
東京
香港・北京
フランクフルト
ロンドン
ニューヨーク
 
トレーダー&投資家コミュニティ「Bull」© 2008 
FXテクニカル分析入門 - FX入門 - FXテクニカル検証 - 資産運・マネーの知恵袋