株式や為替、先物など様々なマーケット参加者が集まる、投資家・トレーダー達の交流サイト。
ようこそ Guest:  ログイン- 新規登録  
BULL
オンライン状況
24 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが 株・為替・先物フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 24

もっと...

米ドルと日本円の為替相場

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2010-12-3 10:31
fxrate  新米 居住地: 京香 東京都文京区小日向4-4-3-101  投稿数: 1
為替相場を見るにあたって多いパターンが、日本円を基準としたアメリカドルとの交換比率でしょう。
アメリカドルだけでなく、最近はユーロとの交換比率がよく見られているという話も聞きます。
とはいえ、外貨はアメリカドルやユーロに限られてはいませんので、世界各国の通貨において為替相場というものはあります。
ちなみに、日本円以外の外貨同士の為替相場を「クロスレート」といいます。

為替相場は世界各国の通貨が対象となるとは述べましたが、やはり重要視されている為替相場といえばアメリカドル(米ドルとも表記される)において他ありません。
アメリカドルは国際的な通貨として、貿易や異国間の金融取引などの決済に主に利用されています。

アメリカドルと日本円の関係は比較的判り易く、1ドル=約100円という考え方がありますね。
もちろん、いつの時代も1ドル=100円と定められているわけではなく、円安となれば1ドル=120円にもなることもありますし、逆に円高だと1ドル=90円と100円を切ることさえあります。

・・・ここで、お気づきでしょうか。
上記の例だと、120円の場合に円安、90円の場合に円高となっていることを。
為替相場を見るのに慣れている方にとっては当然のことで疑問を持つことではないでしょうが、慣れていない方にとっては円安・円高の表記が逆であるように感じられるでしょう。

しかし、気をつけてください。
この場合の為替相場では、基準となっているのは日本円ではなくアメリカドルです。
アメリカドル1ドルに対する日本円の価格なので、こうなります。

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名   :
投稿本文

  条件検索へ


各都市の時間
東京
香港・北京
フランクフルト
ロンドン
ニューヨーク
 
トレーダー&投資家コミュニティ「Bull」© 2008 
FXテクニカル分析入門 - FX入門 - FXテクニカル検証 - 資産運・マネーの知恵袋